妊娠中に背伸びしていいの?朝起きた時や高い物を取るときの伸びについて

スポンサーリンク

朝起きた時、うーーーーん!って伸びをするのって気持ちいいですよね。

でも、妊娠中は「背伸びはしちゃダメ!」と言われることが割とあります。

赤ちゃんに何か影響があるなら、避けるべきなのですが…

妊婦さんの背伸びNGの理由を調べました。

本当に妊娠中の背伸びはダメ?

妊娠中の妊婦さんが背伸びをしてはいけないと言われるのには、いくつかの理由があるようです。

・へその緒が赤ちゃんの首に巻き付いてしまう
・胎盤が子宮からはがれてしまう
・流産の危険がある

こんな事がまことしやかに言われているようなのですが、科学的根拠は全くありません

背伸びが直接の原因で、これらの事が起こるというのは嘘のようです。

では、妊娠中は思いっきり伸びをしてもいいのか。というと、それはちょっと待ってください。

妊婦さんの背伸びには注意が必要

朝起きた時に、気持ちいい程度に伸びをする分には問題はありません。

ですが、妊娠中の背伸びで注意が必要な場合もあります。

高い場所の物を取る場合の背伸び

自分の背よりも高い場所にある物を取る時に、手を伸ばして背伸び状態になるのは、やめておきましょう。

つま先立ちになったりすると、不安定な状態になるため、転倒の危険があります。

伸びることよりも、転ぶことが不安材料なのです。

また、伸びをしたままいきむのはNG。流産のリスクがありますので、特に高いところにある重い荷物などは、絶対に他の人に取ってもらいましょう。

痛いくらいの伸び

背中やお腹が痛いくらいに伸びるのは、やめておきましょう。

伸びをすると、お腹が張りやすくなると言われていて、お腹がカチカチになったり、チクチクと痛みを伴う事があります。

背伸びをしてお腹が痛くなった場合は、ベッドなどに横になって安静にしましょう。

妊娠後期の背伸び

妊娠後期は、足がつりやすい人が増えます。

伸びをすると、こむら返りを起こしやすくなるので、普段から足がつる事が多い妊婦さんは、注意しましょう。

また、背伸びをすると赤ちゃんが下に降りてきやすくなるとされています。

出産予定日を過ぎてもなかなか赤ちゃんが降りてこない場合は、伸びをすると下がってきてくれるかもしれません。

妊娠すると、食べたり飲んだりしてはいけない事や、やってはいけない事などNGな事が多いですよね。

ですが、あまり神経質になるのもそれはそれでストレスが掛かってしまうので、赤ちゃんに良くないです。

伸びに関しても、

・無理な体勢
・痛いくらいに伸ばす

のように、気持ちいいの度合いを超えて行うのはダメというだけのことです。

マタニティーヨガでも伸びのポーズがあったりするので、不安は感じないで大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする